猫タワー(キャットタワー)の選び方|メリットデメリットや種類について

MENU

猫タワー(キャットタワー)のことを知って選ぼう

猫タワー(キャットタワー)の選び方についてですが、ポイントは実際に使うのは猫ちゃんですから使う猫ちゃんの性格や趣味もありますし、設置する場所も限られているのでしょうから、わたしたち飼い主側の趣味もあると思います。

 

まず、猫ちゃんのことを考えてあげると、猫はもともと森の中で生活していたといわれています。そのような場合、周りの様子を伺うために観察のしやすく安全な高い木の上にいました。この名残りがあるために、猫ちゃんは高いところを好み、高いところに上りたいという願望があるようです。

 

なので、猫ちゃんのことを一番に考えて猫タワー(キャットタワー)を選ぼうとすると、背の高いモノを選ばれるといいのかなと思います。こちらでは猫タワーのメリットデメリットから、猫タワーの種類について書いていますので、猫タワーの選び方の参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

猫タワー(キャットタワー)があることのメリット

 

猫タワー(キャットタワー)には3つのメリットがあります。1つずつ紹介していきます。

 

運動不足を解消

室内のみで飼われている猫ちゃんが多いと思います。持ち家の方ならまだ広くていいのだと思いますが、アパートなどの住居では思いっきり走り回ることが出来ないこともあるかと思いますから、そのような場合にときに猫タワー(キャットタワー)があると、登ったり降りたりを繰り返すことが出来るので運動不足の解消をすることが出来ます。

 

高いところでリラックスできる

先にもお伝えしましたが、猫ちゃんは本来高いところで生活するような動物です。外敵から身を守ることが本能的にあるので、高いところを好みます。ですから、高ければ高いほど上に行きたくなるのです。高いところにいることで、リラックスすることが出来ますし、さらに外を眺めることが出来る場合もリラックスして外を見ることを楽し見ますので、猫タワー(キャットタワー)があることで猫ちゃんにストレスフリーな生活環境を用意することが出来ると思います。

 

爪を研ぐところを確保

爪を研ぐことがだいすきな猫ちゃんは家の壁や家具などあちこちと爪を研ごうとします。その猫ちゃんにもよって好きな素材も違いますから、どの素材なら大丈夫ということもありませんから、猫ちゃんが好きな素材(麻紐など)で作られた猫タワー(キャットタワー)なら、猫ちゃんが思いっきり爪を研ぐことが出来ますし、おうちの家具や壁にむやみやたらに爪を研がなくなるので、猫タワーがあると猫ちゃんも飼い主であるわたしたちも嬉しいです。

 

 

猫タワー(キャットタワー)があることのデメリット

 

猫タワー(キャットタワー)があることに、少なからずデメリットが存在します。

 

場所を取る

当然モノをおくわけですから、場所を取ってしまいます。ただ、最近は猫タワーにも様々なサイズのモノが販売されるようになりましたので、よくサイズを確認してから購入するようにしましょう。インターネットにある商品でも、ペットショップにおいてある場合もありますので、ペットショップも合わせてチェックしておくことで、「大きすぎた」「小さかった」ということがなくなりますね。

 

粗悪な猫タワーもある(においがある・粗悪なつくりのモノがある)

猫タワーは結構大きなサイズになりますので、価格自体もそれなりに高いものになってしまいます。そのため、メーカーもコストを抑えるために、猫タワーに使う接着剤でコストを下げていたり、中国などの海外でコストを下げて製造しています。粗悪なことくらいであれば、まだ猫ちゃんには害がありませんのでいいのですが、においは猫ちゃんに害を及ぼしてしまう原因の一つになりかねません。安いからと安易に選んでしまうと「失敗した」「国産の猫タワーにしておけばよかった」ということがありますので、猫タワーを購入の際には、口コミをたくさんチェックしてから購入をしましょう。安かろう悪かろうでは、猫ちゃんも飼い主さんも嬉しくありませんよね。

 

 

猫タワー(キャットタワー)の種類は2種類

 

突っ張りタイプ

 

床から天井にかけて猫タワーを設置することが出来るタイプです。天井で突っ張って止めるので、大型の猫ちゃん(体重の多い猫ちゃんも)でも楽しむことができます。あと、スタイリッシュなものが多いので、あまり場所を確保できないおうちの場合にもおすすめ。

 

据え置きタイプ

 

天井までないとりあえずというモノもありますので、子猫ちゃんの猫タワー(キャットタワー)として利用される場合にも最適です。ほかにも、賃貸住宅にお住いの方なら、天井に設置跡を残すこともありません。さらに、動かしやすいので、女性のみのお住いの場合にも利用しやすいです。※猫タワーの下の土台になる板は重たいのですが、フェルト生地がついているので滑らせて動かすことが出来ます。