猫の避妊手術にかかる費用はどれくらい?費用相場とメリットデメリット

MENU

メス猫の避妊手術について

猫を飼い始めたらまず意識しなければならないのが避妊手術。オスの場合は精巣を取り去る「去勢手術」ですが、メスの場合は子宮と卵巣を摘出する「避妊手術」となります。「手術」というイメージから、自分の可愛い家族にメスを入れるなんて…と抵抗をもつ方もいらっしゃるかもしれませんが、避妊手術は猫の健康やケアの行き届かない不幸な猫を増やさないために大切な手段。正しい知識を身につけた上で手術を受けさせるかどうかをしっかり判断しましょう。

 

メス猫の去勢手術にかかる費用相場

 

ペットの手術というとあまり具体的なイメージがわかない場合もあるとは思います。特に、費用面はどれくらいの金額が必要になるのか、相場がわかっていないと不安ですよね。メス猫の避妊手術で必要になる金額は、だいたい2万円から3万円。病院によって差はありますが、手術と最低限の処置のみの場合、アフターケアが手厚い場合など病院によって様々ですので、手術を行う病院は金額とサービスのバランスを考えて決めましょう。電話で問い合わせれば大抵の場合は丁寧に教えてくれるはずですので、数軒の病院に連絡して費用・サービスの面から比較してみるとよいでしょう。

 

メス猫の避妊手術メリットとデメリット

 

猫の避妊手術にはメリットとデメリットがあります。避妊手術の一番の目的は猫から生殖機能を取り去って地域や家にケアの行き届かない猫を増やさないということですが、猫自身の健康にも大きなメリットがあります。まず、卵巣・子宮を取り去ることによって卵巣・子宮・乳房の病気を防ぐことができるということが挙げられます。

 

手術を受けさせるのが早ければ早いほど、がんや腫瘍ができる可能性を格段に下げることができます。できれば最初の発情がくる前に手術を受けさせられるようにするとよいでしょう。また、性的なストレスが避妊手術によってなくなるため、ストレス由来の病気になるのを予防することができます。性格も穏やかになることが多いので、大声で鳴きわめいたり暴れたりすることが少なくなるとのことです。

 

性格が穏やかになる猫ちゃんが多い

 

猫の健康のためにはぜひ避妊手術を受けさせたいところですが、避妊手術にはデメリットもあります。卵巣・子宮を除去してしまうと二度と元には戻せません。もし猫を繁殖させたいと思って後悔するかもしれない、と思ったらもう少し考えて手術を受けさせるか、やめておくかを決めた方がよいでしょう。

 

また、性的なストレスがなくなることで穏やかになり、運動不足になってしまう猫が多い傾向があります。せっかく避妊手術で卵巣や子宮、乳房の病気になる可能性を取り除いてあげたとしても、肥満になってしまえばその他の病気にかかる可能性があります。獣医さんに相談しつつ、えさのやりすぎや運動不足に十分注意するようにしましょう。