猫がトイレを覚えてくれないときは何をすればいいの?猫の修正を利用して教えてあげよう

MENU

猫がトイレを覚えてくれないときの改善方法

猫を飼い始めてから最初の関門とも言えるトイレトレーニング。猫は自分が排泄した尿や便を砂をかけて隠す修正があるので、猫砂さえ用意すれば自然とトイレの場所を覚えてくれると言われていますが、場合によってはトイレトレーニングに苦戦してしまうこともあるといいます。猫がなかなかトイレを覚えてくれないと、床やカーペット、布団などを汚されてしまいその都度掃除や洗濯が大変。自分で決められた場所で排泄する習慣がないと留守番させることも難しくなってしまいますよね。

 

猫ちゃんの排せつ物を猫砂に混ぜておく

 

猫がトイレ以外の場所で粗相をしてしまったら、排泄した尿や便を回収して、トイレの猫砂の中に混ぜておきましょう。猫は自分の排泄物の匂いがあるところで排泄をしたい動物であると言われています。猫をトイレに連れていって、自分の排泄物がここにあるということを覚えさせましょう。猫が尿や便をしそうになったら、多少無理をしてでもトイレの方に誘導して連れていき、前足を持ってあげて猫砂をかくような動作をすると、そこがトイレであると認識してくれやすくなるそうです。上手にできたら、必ずほめてあげましょう。

 

トイレの間違ったところはしっかりと掃除する

 

猫が粗相をしてしまったとき、汚れてしまった場所の掃除はきちんとできていますか?猫は自分の排泄物の匂いがついているところで排泄する習慣をつける動物ですので、それまでにトイレ以外の場所で粗相をしてしまったときの匂いが床やカーペットなどについたままになっていると、繰り返しそこで粗相し続けます。便はまだしも、猫の尿はかなり匂いがきつく、普通にふき取ったり洗濯をしただけでは匂いが落ち切らないことがあります。台所用漂白剤などを駆使して極力匂いを落とすようにし、猫がなんども同じ失敗をする原因を取り除いてあげましょう。

 

避妊手術でスプレー行為を少なくできる

 

去勢手術・避妊手術が済んでいない場合、スプレー行為として色々なところに尿をかけてしまう猫が多いです。メス猫もスプレー行為をしますが、頻度が圧倒的に高いのはやはりオス猫。何らかの事情で去勢手術をしないままにしていた場合も、あまりにもトイレを覚えてくれなくて困っているようなら手術を検討してみてはいかがでしょう。また、猫が大きくなって何度か発情期を迎えてしまうとスプレー行為の癖が抜けなくなってしまい、手術したあともいたるところに尿をかけてしまうこともあるそう。なるべく早めに手術を受けさせたほうが良いようです。

 

色々試してもなかなかトイレを覚えてくれない場合は、ケージの中にトイレを設置して、トイレを覚えるまでは排泄するそぶりを見せたら必ずケージの中に入れるようにしてしまうのも手です。また、猫によっては猫砂の質が気に入らないと使ってくれない場合もあるそう。色々な素材の砂を試してみましょう。根気のいるしつけですが、猫も人間も気持ちよく暮らせるようにじっくり取り組むことが大切です。